こんにちは。ランナー整体師の遠藤です。

足底筋膜炎。これもランナーがよく悩まされる症状ですよね。
カカトの内側が痛んだり、土踏まずがピリピリ痛んだりして、
病院では足底筋膜炎はなおりにくい症状と言われることもあります。

今回の記事では、そんな足底筋膜炎に対する
ゼロポイントテープの活用法をご紹介していますので、
ぜひためしてみてください。

こんな方にオススメ

短い距離なら痛みをガマンして走れるが、フルなどの長距離は痛くて走れないと言う方

走っていると痛みは和らいでくるが、走行後にまた痛くなると言う方。

ジョグなら走れるがスピードを上げると足裏が痛む方

歩いて足を地面に付けただけでも痛みが伴ってしまう方。

起床後、第1歩目に激痛がはしり毎朝恐怖を感じてる方

活用法①

①足裏の痛みがある部分にテープを貼ります。
②足の親指と小指にテープを巻きます

活用法②

STEP1:足の指をグー・パーに動かします

STEP2:動かしてみて突っ張り感を感じるところや痛みを感じる場所にテープを貼ります

 

ゼロポイントテープ体験者の声

左足のカカトがじんじんと痛くて、歩くのもつらかったです。
でも、テープを貼ってみると痛みが弱まり、カカトをついて歩くことができました。
(50代女性)

 

足底筋膜炎改善のポイント

足底筋膜炎に悩む方は、 走る時のフォームが硬くなっている方が多いです。

ゼロポイントテープを貼って走ると痛みもやわらぎ
普段より軽やかに走れるようになります。
その軽い状態で走るということを習慣にしてみてください。

また、大会が近づくと
「走らないと不安」と感じる方も少なくないはずです。
そんな時はゆっくり走る”リカバリージョグ”がオススメ。

痛みの出ないペースで走ることで血行改善を促し快復を早めてくれます。
走る事で体を快復(リカバリー)させるんですね。

練習できないジレンマからも解放されますので、
合わせて試してみてくださいね。

■この記事を書いてる人

遠藤俊快(えんどう しゅんかい)

快晴整体院院長(HPはこちら

ゼロポイントテープ体験会情報

★フルマラソン自己ベスト:3時間22分(2018年篠山ABCマラソン)★