ども、ランナー整体師の遠藤です。

シンスプリント、いわゆる”スネ”の痛み。
マラソンや陸上競技をする人間は
特に悩まされることの多い症状です。

このシンスプリントという症状のやっかいなところは
はじめのうちは「走るなんて無理」というほどの
はげしい痛みが出なかったりすること。

「なんだか違和感あるな~」
くらいなもんだから、だましだまし走ることを続けて
積極的に直そうとするタイミングが遅れてしまいます。

で、気づくと
「ちょっと負荷をかけただけでも痛い」
「休んでも良くなる兆しがない」というところまで
悪化してしまうんです。

ひどくなると着地もできないほど痛くなり、
レースなどにに出るどころではなくなります。

僕も以前フルマラソン3日前に同じ症状が出た時は焦りましたよ…。
5㎞走るのに精一杯でしたから。。。

今回の記事では、そんなシンスプリント改善に役立つ
ゼロポイントテープの使い方を紹介しています。

「まだ痛みがない」
という方も試してもらって大丈夫です。

ゼロポイントテープで筋肉がほぐれることによって
痛み改善だけでなくパフォーマンスアップにも役立ちますよ~

 

ゼロポイントテープの使い方

■STEP1
走った時に痛みがある部分にテープを貼ります。
(テープのサイズは2~3cmで大丈夫ですが、痛む範囲が広い場合は大きくしてください)

■STEP2
足首を上下に動かして
痛みや違和感を感じる部分にテープを貼ります。

ゼロポイントテープ体験者の声

足が痛くて足を曲げるとすると
ガラスの破片が飛び出るような痛みがありました。
学校の部活でも思い切り走れず
「いつになったら良くなるのか?」
と思っていました。

ゼロポイントテープを貼ると
うそみたいに足を曲げた時の痛みがなくなりました。
今では部活や普段の生活でもテープを使ってます。
(K君 中学生 京都府宇治市)

 

シンスプリント改善のポイント

シンスプリントになると、
病院ではランニングを完全に休むよう
指導されることもあります。

でも、骨折などよっぽどのことでない限り
故障があっても走る事を止めなくていいと考えています。

ゼロポイントテープを使うと普段よりも楽に走れるようになるので
その状態でゆっくり走ってみてください。

決して無理はしちゃダメですが、
ごくごく軽いジョギングを続けた方が
血行も良くなり足に溜まった疲れも抜けやすくなります。
走らない事による不安やストレスからも解放されますからね。

僕自身も、痛みがある時は軽めのジョグで調整しながら走り続けていますよ~。

この記事を書いた人

遠藤俊快(えんどう しゅんかい)

快晴整体院院長(HPはこちらゼロポイントテープ体験会情報

★フルマラソン自己ベスト:3時間22分(2018年篠山ABCマラソン)★