女性の身体のお悩みの中でも、
バストに関するお悩みは
1位、2位を争うほどと言われています。

一般的なバストの垂れや型崩れの原因としては、

加齢
筋力の低下
女性ホルモンの減少(ホルモンバランスの乱れ)
授乳
クーパー靭帯

などが上げられます。

加齢や、伸びたら戻らないクーパー靭帯に関しては
特に諦めてしまってる方も多いのではないでしょうか?

そんな方も諦めるのは早いです。

今回は、女性のお悩みの中でも上位の
バストアップについてのゼロポイント・テープ活用法をお伝えします。

ゼロポイント・テープ活用法

活用法 バストアップ編

セルフケア①

<STEP 1>

立位または座位で左手を前にして、
身体の前で両手首をクロスします。

<STEP 2>
両手首をクロスしたまま、両肩を上にあげます。
同様に右手が前の状態でも行います。

<STEP 3>
肩を上げた時にかたさや重さ、
上げにくさを感じる部位に
ゼロポイント・テープを貼ります。

どこに貼ればいいか迷ったときは
手の親指と小指に巻きます。

<STEP 4>
STEP 1・ 2で行った動きを再度確認し、
動きが楽になっているか確認します。

肩の上げにくさが残っていれば、
上記のケアを繰り返していくと楽に動かせるようになります。

 

セルフケア②

<STEP 1>

立位で肩の高さに両腕を水平に広げ両肘を
90度に曲げます。
指先が天井に向いてる状態で
手のひらは外側に向けます。

<STEP 2>
腕の高さを保ったまま両肘を後方に引き、
バスト上部の突っ張りや、背中・肩甲骨周辺の
張りやかたい部位を確認します。

<STEP 3>
両肘を後方に引いたときに、
張り感、かたさ、痛み等を一番感じる部位に
ゼロポイント・テープを貼ります。

どこに貼ればいいか迷ったときは
手の親指と小指に巻きます。

<STEP 4>
STEP 1・ 2で行った動きを再度確認し、
動きが楽になっているか確認します。

張り感などが残っていれば、
上記のケアを繰り返していくと楽に動かせるようになります。

バストアップのポイント

バストの垂れは、単純に重力せいだけでなく
血行不良や、肩や肩甲骨(背中)がガチガチに
固まっているとバストもかたくなり、垂れに繋がります。

 

特に肩甲骨がガチガチに固まってる方に
多いのが

「頑張り屋さん」

です。

 

忙しくて、オバーワークな状態でも
なかなか”休む”ということができない人がいらっしゃいます。

 

休むことが、まるで悪いことのような感覚に
なってしまい頑張り続けてしまうと
もちろん体は疲労しガチガチに固まってしまいます(^_^;)

「そういえば、最近休んでなかった」
「休むことに罪悪感があったかも・・・」
「確かにがんばりすぎてたなぁ。。。」

と感じた方は、ぜひ上記のセルフケアを
しながら気分転換してください(*^^*)

 

血行が良くなり、固まってた筋肉も緩み
バストもキュッと上がってきますよ♪

 


■この記事を書いてる人

下田 圭子(シモダ ケイコ)

整体くうすい代表
 HPはこちら 
ブログはこちら

ゼロポイント・テープ体験会などセミナー・イベント情報